腹帯・妊婦帯とは?いつからいつまで巻くの?

腹帯・妊婦帯とは!いつからいつまでまくのか必要性やおすすめを紹介!

腹帯・妊婦帯の画像

 

 

妊娠5ヵ月目の戌の日に、日本では腹帯を巻いて赤ちゃんの成長とママが安産であることを祈願するお祝いがあります。昔は、腹帯や妊婦帯を巻くことをすすめていましたが、今は腹帯をすすめない病院もあるようです。

 

腹帯・妊婦帯を使用しなかったママ達の意見で一番多かったのが、「お腹を締め付けたくなかった」「夏だったので暑かった」「産院から腹帯はしなくてよいといわれた」などの理由でした。

 

腹帯・妊婦帯を巻いていたママは、腹帯・妊婦帯をいつから巻いたのか?という質問に、76%のママが妊娠5〜7ヶ月頃から使用しているとのことでした。

 

腹帯をしたママ達の意見では、「冷えを防止できた」「腰痛が軽減された」「仕事で動くことが多いので、お腹を支えてくれ無理なく働けた」などの意見でした。

 

腹帯・妊婦帯を使用したママ達が1番おすすめしている種類のものは、腹巻タイプでした。次にマタニティガードルタイプ、下部支え一体タイプが人気のようですね。

 

いつまで腹帯や妊婦帯を巻くのかは、出産するまで巻いていたという方がほとんどでした。私は、腹巻タイプのマジックテープで留める腹帯でしたが、出産後その腹帯をギュッと締めて骨盤ベルトの代わりに使用しました。

腹帯・妊婦帯は必要!?記事一覧

赤すぐネットのマタニティ通販では、ピジョンのらくらく調節マタニティサポーター(ベルト内蔵妊婦帯)が口コミで人気がありました。サイドオープンなので、簡単に腹帯をつけることができ、おなかにあたるところはパイル生地なので肌あたりがやさしいです。直接素肌に着けても、着け心地がいいのでおすすめです!ピジョンの腹帯・妊婦帯の口コミと感想!totoさん / 長崎県この腹帯は、ズボンの上から着用できました。わたし...